safflower.jpg

サフラワー(紅花) -血を動かすハーブ-の効能・効果 -

キク科 / 和名:ベニバナ

サフラワーは和名でベニバナ。
ジブリ映画「おもひでぽろぽろ」でおなじみの赤や黄色のお花。
古くから赤や黄の染料として使われてきました。

サフラワーは冷え性や生理不順などに効く、女性特有の症状に優しいハーブです。
子宮を収縮させる作用があるので妊娠中は注意が必要です。
からだが冷えやすい方、血色不良が気になる方におすすめ。

中国では昔から「血を動かす」薬草として使用していたそうです。
血流を刺激して血行を促し、からだを温めます。


漢方では紅花(コウカ)と呼ばれ、婦人病の生薬として用いられています。

通経作用にすぐれていることから、生理や生理不順、更年期障害といった婦人科系の症状にも有効。

ことり薬草では、Lazy Ceremony 怠け者の儀式 というブレンドに使用しています。

■サフラワー(紅花)の効能・効果

血行促進・子宮収縮・通経・発汗・緩下・血圧降下・抗炎症・解熱・鎮痛・貧血予防

■主要成分

脂肪酸・リグナン・フラボノイド・ステロール・ビタミンE

■サフラワーティーの味や香り

ハーブ(花びら)の香りは苦手な人は結構強烈、独特な香りがします。
いかにも血液のハーブ、という香り。
ティーは飲みやすくまろやか。鮮やかな朱色がきれいです。

■使いかた

ハーブティー・入浴剤として冷え性改善に・料理

■スピリチュアルな使いかた

エジプトのミイラの着衣は、サフラワーで染められたものであることがわかっています。
日本ではベニバナと呼ばれ江戸時代に盛んに栽培され、線量のほか口紅やほお紅の原料として使われていました。
薬草茶やハーブティーとしては、6~7月にうす紅色になった花を乾燥させたものを煎じて飲みます。
対応チャクラ:第2チャクラ(セイクラルチャクラ)、第3チャクラ(ソーラープレクサスチャクラ)
キーワード:「子宮刺激」、「血を動かす」

■サフラワー(紅花)の起源・歴史

エジプトのミイラの着衣は、サフラワーで染められたものであることがわかっています。
日本ではベニバナと呼ばれ江戸時代に盛んに栽培され、線量のほか口紅やほお紅の原料として使われていました。
薬草茶やハーブティーとしては、6~7月にうす紅色になった花を乾燥させたものを煎じて飲みます。

■サフラワー(紅花)の花言葉

夢中・情熱的な恋・情熱・装い・化粧・包容力・寛大・雅量に富む・特別な人

■飲用の注意

キク科のアレルギーがある人、出血性疾患のある人、消化性潰瘍のある人、妊娠中は注意。

ハーブは心身に優しく働きかけますが、刺激の強いハーブもあり体質や体調によって禁忌の場合もあります。
また、こちらの記事はことり薬草 独自の感覚や考え方からの文章表現も含まれています。
ハーブティーの飲用に関しては自己責任の上お楽しみいただきますよう、お願いいたします。