ハーブチンキとは



こんにちは! 旅する薬草使い( ハーブティー屋 )ことり薬草 ekoです。


ハーブチンキとは、アルコールでハーブの有効成分を抽出した浸剤のことです。 ティンクチャーともよばれます。


✔︎ハーブティーや白湯に垂らして飲んだり ✔︎手作り化粧水の原料にしたり ✔︎入浴剤として使ったり ✔︎うがい薬や湿布薬にしたり


アルコールで抽出することにより、通常のハーブティーでは出ない成分も抽出することができます。

海外ではお薬として処方されているほど薬効が高いのです。 長期間にわたって保存できるので、薬箱に1本あると重宝しますよ。



ハーブチンキ作り方

  1. ガラス瓶を綺麗に洗う。煮沸消毒もできればなお良し◎

  2. ドライハーブをガラス瓶の3分目〜半分ほどまで入れる。

  3. ウォッカやホワイトリカーなどアルコールを注ぎ、瓶のふたを閉め、数回振る。 ( 40度くらいのアルコールだと成分がよく出ます。)

  4. 最短2週間、直射日光を避けて冷暗所で保管し、毎日振る。

  5. ハーブが充分に抽出されたら、ハーブを濾して取り出す。

  6. ハーブを取り出した抽出液を、瓶に戻して完成。 残ったハーブは、お茶パックなどに入れて入浴剤として使用できます。


*。・魔法のハーブティー調合 + 。*。

ことり薬草 -herb tea- Web Shop

cotoriherb.shop-pro.jp