ginger.jpg

ジンジャー -末端まで温める根ハーブ-

キク科 / 熱帯アジア中心が原産のショウガ科の植物。和名:ショウガ

今夜は、からだを温める代表といっていいハーブ(スパイス)、ジンジャーをご紹介。
ジンジャーティーを飲むと手足の先までポカポカするのは、血流を徐々にひろげて血流を改善するから。

寒い冬にはもちろん飲みたいけれど、夏のクーラー冷えにも強い味方になってくれます。

からだを温めるだけではなく、風邪や病気の予防としても使われているジンジャー。


風邪のウィルスの多くを死滅させるという 実験結果も出ているほどなんです。

咳が出たり喉が痛いときは、ジンジャーのピリっとした辛さが効いてくれまる。

胃を温めて消化も助けるから、食べ過ぎたときにジンジャーティーを飲むとすっきり◎


ジンジャーはどんなハーブティーともわりと相性がいいです。
紅茶にちょっとだけ足しても、チャイのようなスパイスティーが楽しめます。

薬味やスパイスとして使ったらさらに料理がおいしくなるし、
ドライジンジャーも生の生姜も、常備していると助かるんですよね。

さらにジンジャーは、吐き気やつわり、乗り物酔いなどにも使われます。
車酔いしそうなときにジンジャーティーの入った水筒を持っていると安心です。

また、感情面でちょっとぐらつくとき、グラウンディングが必要なとき、
ジンジャーがしっかり落ち着かせてくれますよ。

■ジンジャーの効能・効果

制吐・鎮痙・殺菌・駆風・血行促進・発汗

風邪・冷え性改善。
消化促進。
血行促進。
むかつき・吐き気の緩和。
嘔吐防止。
腸内ガスや膨満感の緩和。
関節炎の炎症の痛みを和らげる。

■主要成分

精油・デンプン・辛味成分(ジンゲロール・ショウガオール)・ジンゲロン・ビタミン類・ミネラル・アミノ酸 etc

■ジンジャーティーの味や香り

舌にピリッとする、喉がカーッと熱くなるような辛さ。

■使いかた

ハーブティー・料理・ハーブチンキ・ハーブバス・薬草酒

■スピリチュアルな使いかた

男女の情熱をよびおこす媚薬として使われてきた。
ジンジャーを育てたり、パウダーを持ち歩くと金運が上がるといわれている。
対応チャクラ:第1チャクラ(ルートチャクラ)・第3チャクラ(ソーラープレクサスチャクラ)
キーワード:「グラウンディング」

■ジンジャーの起源・歴史

世界中の料理のスパイスとして使われている。
古くからその効能は高く評価されており、紀元前の書物にも記されているほど。

■ジンジャーの花言葉

豊かな心・信頼・慕われる愛

■飲用の注意

妊娠中は量に注意が必要。
ハーブは心身に優しく働きかけますが、刺激の強いハーブもあり体質や体調によって禁忌の場合もあります。
また、こちらの記事はことり薬草 独自の感覚や考え方からの文章表現も含まれています。
ハーブティーの飲用に関しては自己責任の上お楽しみいただきますよう、お願いいたします。