シナモンの効能・効果 -“血”と”気”の流れをよくするハーブ-

クスノキ科 / セイロン:スリランカ原産 / カシア:ベトナム、中国、インドネシア
別名:桂皮(ケイヒ)、肉桂(ニッケイ)、ニッキ

”血”と”気”を流すハーブ(スパイス)、シナモン。

シナモンは、「血」を手足へ血を流し、血液を循環させます。

また、お腹と全身の生命エネルギーの流れを促進するといわれています。

からだをあたため風邪を予防するだけでなく、その症状にも役立つシナモン。
咳やのどの痛み、声のかすれのほか、いろいろなタイプの消化不良を緩和します。

それからメンタル面にも味方してくれるシナモン。
神経を強くし、また、緩める作用もあるので、不安な気持ちや緊張を和らげてくれるでしょう。

個人的には、夜眠る前にシナモンティー飲むと、全身へ血や気が巡っていく感覚があり、
じんわりと眠りの世界へ導かれて、ぐっすり寝ちゃいますzZZ

こころとからだが冷えてしまったとき、眠れないときは、シナモンティーがおすすめ◎

■シナモンの効能・効果

血行促進・弛緩・強壮・神経強壮・鎮痙
収れん・消化促進・脂肪分解・殺菌・防腐

からだを温める。
風邪・冷え性改善。
消化促進。
血行促進。
吐き気に。
殺菌・防腐作用。
お腹の張りの緩和。
血糖値の低下。
生理不順に。

■主要成分

精油・タンニン・粘液質・ゴム質・糖類・樹脂・シュウ酸カルシウム・クマリン etc

■シナモンティーの味や香り

ほんのり甘い、スパイシーな風味。

よく使われている種類をおおまかに分けると「セイロン」と「カシア」
セイロン:紅茶などに多く使われる、薄くて柔らかいタイプ
カシア:カレーなどに多く使われる、分厚くて硬いタイプ

■使いかた

ハーブティー・料理・スイーツ・ポプリ・ハーブ酒

■スピリチュアルな使いかた

旧聖書では、モーセが聖別のために使う聖油にシナモンを加えている。

対応チャクラ:第2チャクラ(セイクラルチャクラ)、第3チャクラ(ソーラープレクサスチャクラ)

■シナモンの起源・歴史

コショウ、クローブ、シナモンは、三大スパイスとして多くの国で使われている。

古代エジプトではシナモンが大切にされ、死者を芳香で満たし、ミイラを保存するのに使われた。

■シナモンの花言葉

純潔・清純・清浄

■飲用の注意

ティーやスパイス程度の使用の場合、特になし。

妊娠中はサプリメントの使用は避ける。降圧剤、糖尿病の薬を飲んでる人は注意が必要。

ハーブは心身に優しく働きかけますが、刺激の強いハーブもあり体質や体調によって禁忌の場合もあります。
また、こちらの記事はことり薬草 独自の感覚や考え方からの文章表現も含まれています。
ハーブティーの飲用に関しては自己責任の上お楽しみいただきますよう、お願いいたします。

  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube

2021©ことり薬草 -herb tea-|cotoriherb@gmail.com