lemonglass.jpg

レモングラスの効能・効果 -殺菌と浄化のハーブ-

イネ科 原産:熱帯アジア、アフリカ、ラテンアメリカ
和名:レモンガヤ

タイ料理のトムヤムクンでおなじみの、爽やかな草。
殺菌と抗菌のハーブ、レモングラス。
風邪・インフルエンザ・感染症を和らげ予防してくれる作用があります。
インドでは数千年前から栽培され、アーユルヴェーダの治療にも使わています。

ごはんを食べ過ぎちゃったときは、いつもレモングラスのハーブティーを飲みます。
胃が刺激され、消化を手伝ってくれるんです。
「胃もたれにはレモングラス」って覚えてね◎

レモングラス単体でも美味しいけれど、ジンジャーやミントなどが特に相性がいいです。
ことり薬草ではMiracle Tree -奇跡の森-というハーブティーのベースに使ってます。

レモングラスは虫が嫌う香りなので、虫除けスプレーやクローゼットの防虫剤としてもgood。

■効能・効果

殺菌・抗菌・駆風・健胃・消化促進 etc

腹痛や下痢、頭痛、発熱、インフルエンザの症状をやわらげる。
胃の働きを刺激し、調子を整え、消化を促す。
腸内ガスの排出。

■主要成分

精油・フラボノイド etc

■レモングラスティーの味や香り

レモンのような香りと、少し草っぽさがある。
クセがなく飲みやすい。

■使いかた

ハーブティー・料理・スキンケア・ホームケア・ハーブバス
皮膚を清潔に保ってくれるので、化粧水や入浴剤として。

■スピリチュアルや魔術的な使いかた
溜まった負のエネルギーをガス(オナラ)と一緒に出し、ポジティブに変える。波動を軽くする。
目の前に立ちはだかる壁を取っ払い、幸運に導くことを助けることから「問題解決のハーブ」ともされる。
レモングラスを家の周りに植えると邪気や蛇を追い払うとされる。
乾燥させたレモングラスを束にして燃やし、インセンスにするのも有効。

チャクラ:第3チャクラ(ソーラープレクサスチャクラ)
キーワード:浄化・クリアリング・邪気払い・サイキック・ライトボディ・調整・ポジティブ

■レモングラスの語源・歴史
レモンと同じ香りの成分(シトラール)を含み、レモンのような強い香りがすることから、レモングラスと名付けられたといわれる。
■花言葉

爽快

■飲用の注意

妊娠中の多飲は避ける

 

ハーブは心身に優しく働きかけますが、刺激の強いハーブもあり体質や体調によって禁忌の場合もあります。
また、こちらの記事はことり薬草 独自の感覚や考え方からの文章表現も含まれています。
ハーブティーの飲用に関しては自己責任の上お楽しみいただきますよう、お願いいたします。